転勤族の妻ができる仕事とは。パートに出なくてもできること。

こんにちは。

むらさき@murasakikamikoです。

この記事では、外に働きに出れなくても、自宅でできる仕事について紹介します。

むらさき

毎月1000円でも収入があると、ものすごく嬉しい!
ただ、転妻にとっては「夫の転勤辞令がいつ来るかわからない」というリスクがあります。
そんなリスクを解決するのが「家で働く」ということ。

でも一体どうやってすればいいの?怪しくないの?そう思われた方に、転妻でも自宅で簡単にできる仕事を具体的にまとめてみました。

実際に私が経験した仕事を中心に書いていきます。

これから先、働く女性が増えていく傾向にあるようです。

自分に合った方法を見つけることで、急な転勤辞令に振り回されずに、家計の収入を安定維持することができますよ。

先の見えない転妻だからこそ、何かできることがないか探してやってみましょう!

それでは、どうぞ!

転勤族の妻の仕事は、子育て中&地方在住なら在宅一択!

あなたは今、どこに住んでいますか?

なぜこんなこと聞くのかというと、車がないと生活できない場所なのかを確認したかったのです。

お子様は何歳ですか?

もし保育園に預けるなら、住んでいる市町村の待機児童は何人いるか調べてみましたか?

タウンワークやリクナビで仕事を探してみたり、努力もされていると思います!

わかります!わたしもやったから!

→単発の仕事を見つけて、「転勤がいつあるかわからない私でもできるかも」と希望を持つ

 

→でも子供預け先どうしよう。当日熱を出したらどうしよう、勤務地までいくにはどうすればいいかしら

 

→今回は見送る・・・

ということを繰り返していませんか?(以前のわたしです)

まずは、おちついて、焦らなくても大丈夫です。

今の自分の状況を確認してみましょう。

都内や地方都市の中心地であれば、電車やバスを使って通勤でき、業種もさまざまで時給もそこそこ高く、パートやバイトでも交通費が支給される仕事もあります。

ですので、すぐにがっつり稼ぎたい!というならば、在宅より外にパートに出た方が稼げます。

時給が決まっているので、どのくらい働けば給与がいくらぐらいになるのかも想像しやすいですね。

あと考えることは子供の預け先を確保することです(これがかなり難しいところです・・・)

あなたがもし、車がないと無理!な場所に住んでいるならば、在宅一択です。

地方在住の転勤族の妻が在宅を選ぶ理由

都会に比べて待機児童問題は少ないですが、問題は通勤手段。徒歩?自転車?車?

仕事をはじめるし、子供の保育園の送迎もあるから2台目の車を購入・・・となると、維持費と保育費でパート代が消えます。

むらさき

出ていくお金の方が多い

そしてまた転勤になれば、車の移動費もかかります。引っ越し先が都会なら買ったばかりの車を売却する手間もかかります。

頑張って働いてきた職場でのキャリアもそこで終了。

あまりにも手元に残るものが少なすぎて悲しくなります。

はい、これ私のことです。

仕事の内容や求人数、時給は都会と地方暮らしの格差が大きい。

パートに出るために車が必要になるくらいの地方暮らしなら在宅一択!

ああ当時の自分に教えてあげたい。

在宅だと、子供が体調不良のときも対応しやすいです。

パートとはいえ、「子供が体調不良のため休みます」って電話をしなければいけない時の申し訳なさとストレスは半端ありません。

在宅って実は簡単にできます。しかも怪しくない

私の中では「在宅ワーク」というイメージは決して良くはありませんでした。

なんだか怪しい・・・と思っていました。

でも現在はそこまで怪しむ必要はありません。

2018年、国の働き方改革で、副業が解禁されました。

外で仕事を掛け持ちするより、スキマ時間を使って在宅でちゃちゃっと副業する人が増えてきます。

みんなどうやって仕事を見つけているのかというと、方法の1つに 「クラウドソーシング」を利用することがあげられます。

企業や個人から依頼された仕事を、副業を希望している人にインターネット上で仲介しているサービスです。

今後、そういうクラウドソーシングサイトがもっと増えてきそう。

だれでも簡単にできる仕事から、専門性の高いものまでさまざま!報酬もピンキリ!選び放題です。

実際に私がやったことのある在宅ワーク

在宅ワークのサービスは、クラウドソーシングサイトといわれています。

有名どころでいうと「ママワークス」や「クラウドワークス」、「ランサーズ」、「ココナラ」など。

あとは、少しジャンルが違いますが「ミステリーショッピングリサーチ」とかやってる人もいますよね。

ミステリーショッピングリサーチとは、

 

覆面調査員として、飲食店や美容院などにお客さんとして行きサービスや従業員の態度などをチェックするというもの。

報酬は現金だったり現物支給だったり。

私の場合は焼肉屋に行って、指定されたメニューを選んで味や盛り付けなどをチェック、写真も撮ってレポートに書くという仕事をやってみました。

たしかその時は飲食代として4000円もらった記憶があります。

スマホでもできますが、入力する作業もあるのでパソコンがあると仕事としてははかどると思います。

クラウドソーシングサイトで実際私が利用していたのは、ママワークスとクラウドワークスです。

始めにやってみたのはクラウドワークス。

本当に報酬がもらえるのか怪しみながら、おそるおそる単発の案件をやってみました。

一件数百円で、ブログ記事の作成。1000文字以上の記事で、テーマは指定されていたので書きやすかったです。

 

ただ、数をこなしてある一定の報酬額にならないと、振り込み申請のときに手数料がかかりました。

単発よりも、きちんと会社と契約して仕事ができる案件が多いと聞き、今度はママワークスも登録。

ママワークスでは、完全在宅・出勤なしでOKという会社にしぼって仕事を探し、

東京にある不動産会社と電話面接をして、無事に採用されました。

マンションの物件リストを事前にもらい、ネットで公開するためのマンション情報を入力する仕事で、

業務委託・ノルマはなし。

 

自分が頑張った分だけ報酬がもらえ、一件あたり269円でした。

 

最初は1件1時間はかかっていましたが、慣れるとサクサクできたので楽しかったです。

 

月の報酬額は3000円~8000円。微々たる額でしたが嬉しくってやる気もありました。

ですが、突然会社側から「システムが変更になったので、作成はちょっと待っててください」

と連絡があり、仕事が途切れてしまいました。

クラウドソーシングサイトを利用してわかったこと

その時に気づいたことは、単発でも業務委託でも、在宅では安定して稼げない。ということでした。

一件仕事をこなしたらそこで終了。

人とのつながりもできにくい。

むらさき

なんかもったいない

これからは自分で資産となるようなものを作らないと、自分のやる気を継続するのは難しいのではないか・・・と。

ママワークスをはじめて4か月目のことでした。早めに気づけて良かった。

在宅ワークをやってみたからこそ、気づけました。

それで、私は資産となるような自分のブログを立ち上げることを決めました。

そして、せっかく作るなら、私と同じように悩む転妻がサイトに訪れてくれたときに、

その人にとって「見てよかった!」とプラスになるようなコンテンツを作りたい!と思った経緯です。

デメリットはある?

自分で時間を管理する必要があります。強い意志がないとダラけてしまうことも・・・。

でもそれは自分の生活を正すきっかけになるかもしれません。

結論、転勤族の妻は在宅ワークがおすすめ

転勤してもキャリアが終わらないこと、仕事内容が自分で選べる自由度の高い在宅ワーク。

これから仕事を始めたい!とおもっている転勤族の妻であれば、クラウドソーシングサイトがどんなものがあるか見てみる価値はありますよ。

楽しみながらおこづかい稼ぎ感覚で。

1時間程度あればできちゃう簡単なものもあるので、気軽にできます。

クラウドソーシングでなくても、私のようにブログを立ち上げて、収益化を目指すのも良いかもしれません。

私の場合は、在宅ワークをやったからこそ、ブログをはじめようと思ったきっかけができました。

私の経験があなたの少しでもお役に立ちますように。

むらさきでした!

↓たくさんの転妻たちにこのブログを知ってもらおうとブログランキングに登録してみました。

応援よろしくお願いいたします!(クリックするとブログランキングが表示されます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA