ダサい!パッとしない部屋を一瞬でオシャレな雰囲気に変えるプチプラ照明3選

ママ友の家へ遊びに行ったら、めちゃくちゃオシャレな部屋だった!

毎日仕事や子育てで疲れてても、あんな素敵なインテリアだったら癒されるなあ

とはいっても、ウチの部屋だってそれなりに片付いてる。

むらさき

断捨離もしたよ

色づかいもこだわってオシャレに魅せる工夫もしてる。

なのに、なんかパッとしない。

むらさき

なんで?!

がんばってるのになぜかダサい。

その理由は照明にあります!

むらさき

いや…じつはそこまで頑張ってないけど、簡単にオシャレ部屋にできるなら興味ある

今までインテリアコーディネーターとして数多くの照明計画に携わってきたむらさき@murasakikamikoが解説します。

・インテリアにそこまでお金も時間もかけれない

・転勤族だから、部屋にお金かけても無駄になるから何もできない

・インテリアのセンスに自信がない

そう思ってあきらめていませんか?

大丈夫です。

誰でも簡単にできるワザなんです。

それに、照明器具を工夫するメリットは部屋をオシャレにすることだけではありません。

・質のいい睡眠をとれるようになる

・勉強に集中しやすくなる

・食事の時間が楽しくなる

・人を招きたくなるので部屋が片付く

あなたの生活が向上します。

そしてこの記事で紹介する照明器具は、

・賃貸でも使える

・高機能

・プチプラ

に重点を置いた商品をラインナップしています。

ちょこっと工夫するだけで大きな変化を得られるのがライティングマジック。

それではどうぞ!

部屋をオシャレな雰囲気に変えるプチプラ照明

オシャレな空間に使われている照明は、直下ではなく壁やカーテンを照らしています。

一般的な丸い煎餅のようなシーリングライトでは不可能なのです。

むらさき

煎餅…

おすすめはスポットライトシーリング

スポットライトシーリングとは、電球が3~6灯ついていてそれぞれ電球の向きが変えられる照明器具のこと。

・壁を照らすと部屋に奥行きが出て広く見える

・演出効果がある

・器具自体にもデザイン性がある

むらさき

インテリアのアクセントにもなるね!

部屋をオシャレな雰囲気に変える照明①:北欧ナチュラル

わたしがイチ押しの照明はこちら!

おすすめのポイントは、

・LED電球付き

・リモコン操作ができる

・ヒモ無し。紐がだらーんと垂れ下がっていないので見栄えが良い

・照明器具自体の高さが抑えめなので、低い天井でも圧迫感がない

・高機能なのに価格が安い

・日本メーカーで安心

ポイント

日本の住宅の標準的な天井高は2400mm(2.4メートル)。

築年数が古ければ、さらに天井が低い物件もあります。

照明器具によっては、「なんかライトが顔に近すぎる…!」という事態になりかねません。

こちらの器具は、高さも抑えめながら高機能。

リモコンで調光・調色もできます。

MEMO
調色とは、白熱灯のような暖かいオレンジ色⇔蛍光灯のようなさわやかな青白い色に変えることができる機能です

この価格とデザイン。

ほんとにいいの?というお買い得。

素材も天然木とつや消しスチールなので価格以上に高級感があります。

部屋をオシャレな雰囲気に変える照明②:男前ブラックシック

上記のマエカワの白い照明の兄弟シリーズ。

白い天井と照明本体の黒とのコントラストによってフォーカルポイントが生まれます。

MEMO
フォーカルポイントとは、インテリアにおいて「アイキャッチ」「目を引く」の意味。

黒いスポットライトシーリングをおすすめする理由については

【築20年賃貸アパート】格段にオシャレにする方法。照明を変えよう

という記事にくわしく書いています。

あわせて読みたい

部屋をオシャレな雰囲気に変える照明③:シンプルなダクトレール

「天井高が低い!」

(※具体的には天井高2.4メートル以下だと低いほうです)

「スポットシーリングライトだと、圧迫感がでそう…」

そんな時に使えるのはダクトレールです。

むらさき

ダクトレール?
MEMO
ダクトレールとは、細長い棒のようなレールのどこにでも、複数のライトを取り付けできる照明器具のこと。

賃貸でも取り付けOK。

一緒に合わせる照明を自由に選べます。

使うスポットライトの器具色とダクト色は統一した方がスッキリ見えます。

黒いダクトレールならスポットライトの本体色も黒。

白いダクトレールなら取り付けるスポットライトは白。

たとえばこちらの白いダクトレールなら↓

接続部分が白色になるように、照明器具側の色も白を選びます。

あえて高さをアシンメトリー(揃えずバラバラ)にしてこなれ感を出したり

違うデザインのものを並べたりするのも面白いです。

むらさき

天井高にゆとりあるなら、プラーンと吊るすと可愛いよね

注意
ダクトレールにスイッチ紐はついていません。リモコンが付属していないものは電気のON・OFFは壁のスイッチのみです。購入前によく確認を。

部屋の雰囲気を変えるめの照明器具:選ぶポイント

床から天井までの高さを確認する

照明器具自体の高さを確認して、圧迫感がでないかイメージしましょう。

照明器具は思っている以上に大きいです。

むらさき

取り外してみると意外とデカくて驚いた

予算が許すなら調光調色タイプが絶対おすすめ

電球色から昼白色に色を変えることが出来る調色機能。

リビングで宿題をするお子さんがいる家庭なら、調色タイプがおすすめです!

やはり、書きものや読み物をする時には白い光の方が見やすいですもんね。

調色できるものはどうしても価格がUPしてしまいますが、はじめに紹介した

マエカワの北欧ナチュラルな照明器具

は、調色もできてリモコンも電球もついてプチプラ。

むらさき

うれしい!

どんな部屋にも合わせやすいのでおすすめです(*^-^*)

まとめ

なんだかパッとしない部屋をオシャレな雰囲気の部屋にするには、照明を変えると良いということでした。

・インテリアにそこまでお金も時間もかけれない

・インテリアのセンスに自信がない

転勤があるから…なんてためらっているともったいない!

本当にガラッとオシャレになるのでお試しください(*^-^*)

あなたの生活が向上して、素敵な毎日が送れますように。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

むらさきでした(*^-^*)

【悩む転妻のために】

たくさんの方にこのブログを知ってほしいと願っています。

下2つのバナーをクリックして頂けると喜びます!

↓↓↓こちらもよろしくお願いいたします(*^-^*)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA